ワキガの有効対策

Posted on 17.1.10 By

自身の腋臭に気がついた際、まずは自己処理を行いましょう。まずは、汗をシャワーや入浴で十分に洗い流し、清潔に保ちます。ワキガの本当の正体は、汗に含まれるタンパク質を分解し、ニオイのもととなる成分を分泌する細菌だからです。その後は、市販されている制汗スプレーをしてもよいですし、より高度な効果を求める際は、塩化ベンザルコニウム液や、塩化アルミニウム液を制汗剤として用いることで、汗腺に栓をするような現象がおこり、発汗そのものを抑制してくれます。

汗そのものが存在しなければ、ニオイが発生することもありません。これらの成分を含有しているデオドラントや制汗剤は市販されています。気になる方はチェックしてみてください。ただし、この塩化アルミニウムや塩化ベンザルコニウム使用には注意が必要です。

皮膚科医によれば、塩化アルミニウムは特に肌荒れを引き起こしやすい成分で、特に脇はデリケートな部位ですので、肌質に合わない人もいるようです。肌に合わないが使用したい際には、使用上の注意をよく読み、また、ジェルタイプの塩化アルミニウム制汗剤もありますので、これを希釈して使用することで皮膚へのダメージを最小限に抑えるという使い方も有効です。

以上が簡単なセルフ処理ですが、どうしても気になったり、気にしすぎてしまう場合にはワキガの治療を行っている美容皮膚科などにかかり、医師の適切な診察や指導を受けることも忘れないで下さい。

未分類